ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

公爵と王子のはざまで

2011/11/キャラン・クレイマー/公爵と王子のはざまで(ラベンダーブックス)

十五歳のときに出会ったロシア王子に想いをよせ、彼との結婚を夢見て六年間独身をつらぬいてきた、伯爵家のひとり娘ポピー

英国情報局の秘密任務にあたりながら冒険に満ちた自由な日々を謳歌していた、伯爵のニコラス

「ドラモンド公爵」という架空の婚約者を仕立てあげ、数々の求婚を断っていたポピーと突然「ドラモンド公爵」の爵位を継ぐことになったニコラスの恋のトラップ…

う~~ん、残念。ヒロインが軽過ぎだし可愛げがない謎解きも何だかなぁロシアに恨みでもあるのか読み返してないので、よく解らんけど伯母上が可愛らしいのが救い次作購入はどうしようかなぁ鐘の音は恋のはじまり』ジル・バーネットの後なので、辛口になってしまったのかしら


備考:
シリーズとH/Hは以下へ
気ままな独身貴族たちシリーズ1~
1愛を奏でるコンテスト 公爵の次男ハリー&モリー
2公爵と王子のはざまで (マクスウェル卿)ニコラス&ポピー
3Cloudy With a Chance of Marriage アロー大佐&ジリー
4If You Give a Girl a Viscount ラムリー子爵&デイジー
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。