ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

香り舞う島に呼ばれて

2011/3/アマンダ・クイック/香り舞う島に呼ばれて (ヴィレッジブックス)

亡くなった父親から英国沖の豊潤な島を相続した、23歳の独身女性クレア

クレアの後見人をつとめるサーストン男爵の息子、非嫡出子であるがゆえ領地を相続できない勇猛な騎士ガレス

ベストセラー作家が中世を舞台に流麗に描く傑作ヒストリカル・ロマンス

面白かったッ。H/Hのロマンス度は若干低めかもでも補って余りある楽しさ相変わらず脇役のキャラクターも掘り下げられていて、やり取りが愉快”鶏の血”の件も笑っちゃうしアレルギーも他人事(悪人)だと笑えるし殺人事件やら事件解決がサラッとしてオゾマシくないんだよねぇスピンはなさそうかなぁ、残念
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://romancebox.blog35.fc2.com/tb.php/322-76dd1cd2
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。