ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

聖なる夜に

2004/12/アン・グレイシー/ミランダ・ジャレット/リン・ストーン/聖なる夜に (ハーレクイン:HS200)

1アン・グレイシー/雪のプロローグ
ある雪の夜、未亡人エリーの家の前に、まるで窓辺に灯るキャンドルの光に導かれたかのように一人の男が倒れていた。記憶をなくした彼の世話をするうちに、二人のあいだには愛が芽生えた。しかし、それも彼の素性が明らかになるまでのことだった。

面白かったぁ。泣ける読後感爽快で短くても完璧健気なヒロインがイイメロメロなんだけど、記憶喪失で何も約束出来ずにオロオロするヒーローがイイ子供が可愛らし過ぎる長いエピローグがイイメリー・クリスマス、と思わず言いたくなる


2ミランダ・ジャレット/サファイアの魔法
レディとして華麗な日々を送っていた過去を隠し、家庭教師に身をやつすセーラの前に現れたのは思いもよらぬ人だった。かつて愛し合いながら、彼女を捨てたレヴィールだ。一緒にクリスマスを過ごすはめになったが、彼女は過去の傷跡を拭いきれない。

面白かった。アンソロジーに三部作の一作目を持って来るなんて商売上手事件真相は次作で解明するのか古本捜してみました


3リン・ストーン/クリスマスは伯爵と
男爵の娘ベスは生涯独身を通すと決めている。自分勝手な貴族の男性と結婚するなどうんざりだった。彼女はどうにかして父親が決めた婚約者から逃れようと、幼なじみのジャックに一芝居打つことを持ちかけた。ジャックがベスに夢中だとも知らぬままに。

面白かった。ヒーロー兄弟が姉妹みたいに色々打ち明けて、若干女々しくて何だかなぁメロメロなのは良かったけど終盤はアンソロジーの常で、急ぎ過ぎでバタバタと説明的に終わって、ちょっと残念


追記:
私は古本ゲットして読了しましたが、12月ハーレクイン文庫から新刊出ます。
2010/11/アン・グレイシー/ミランダ・ジャレット/リン・ストーン/聖なる夜に (ハーレクイン文庫)
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://romancebox.blog35.fc2.com/tb.php/271-cbfc6f77
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。