ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

乙女と月と騎士

リン・カーランド
2009/4/ラズベリー
運命の翻弄されつつ生きる若き騎士リース・ド・ピアジェとシーグレーヴの美しく破天荒な姫グウェネリンの恋物語

面白かった!地雷だらけだという事でビクビクしながら読んだけど、題名の通り乙女なお姫様と姫を悪漢から取り戻そうとする白馬の騎士の物語���Ƃ�-���A���s���N子供は誰の子だろうが、すべからく天使である!という作者の意図が伝わる。脇役陣がヒジョーにいい味を出していて、悲劇をおとぎ話に変えている���@�̃X�e�b�L難をいえば、15年の歳月を経てもまだうら若い姫であるために、最初の出会いが9才と14才いうのが苦しいといえば苦しいかも。続きが順番に早く出ますように���肢
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://romancebox.blog35.fc2.com/tb.php/14-9e06c6ad
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。