ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

眠れずにいる夜は

2009/12/リサ・マリー・ライス/眠れずにいる夜は (二見文庫)

パリ留学の夢を捨てて故郷に戻り、最近引っ越してきたロシアの小説家ワシーリィと文学や音楽の話を気晴らしに交わす図書館司書をつとめるチャリティ

図書館に投資先の資料を求めて現われた、荒々しくも繊細で魅力的なニック

ロマンスの新たな地平をひらく意欲作!

面白かった。プロローグから鷲掴みにされ、最後まで一気に持ってかれたでも『ドーバーの白い崖の彼方に』を読んだ直後なので、ヒーローの職業意識が甘く感じられる。まぁ、ヒロインにメロメロって事でイイんだけど前作『危険すぎる恋人』との繋がりがわからないただ「危ない」つながりかなぁ次作も作家買い
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://romancebox.blog35.fc2.com/tb.php/132-1952c95b
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。