ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

ときめきの喝采

2009/10/リサ・クレイパス/ときめきの喝采(ライムブックス)

幼くして親の決めた相手と結婚させられ、逃れてロンドン一の劇場の看板女優まで上り詰めたジュリア

行方知れずとなっている自分の妻だとは思いもせずに、激しく心を揺さぶられるサヴェージ侯爵デイモン

キャピタル・シアター・シリーズ1

まぁ、面白かった、かなぁ��ヒロインの友人が内緒でヒーローに出した手紙とヒロインが弁護士に送った手紙を混同して混乱jumee��faceA156何回か読み直して、ようやく区別がついて、理解出来たのは私だけ?ヒーロー像がボヤケた感じで魅力薄����まぁ、公爵家の長男らしいといえば長男らしい。片やローガン(「愛のカーテンコールを」のヒーロー)はキッパリしてて解り易い。チョー薄そうな次作もきっと買ってしまうだろうなぁ�݂���
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://romancebox.blog35.fc2.com/tb.php/114-62b64b0c
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。