ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

その瞳が輝くとき

2011/10/ジュディス・マクノート/その瞳が輝くとき (二見文庫)

“なにかすてきなこと”がいつか必ずおきると信じている純朴な少女アレックス

やむを得ぬ事情からアレックスと結婚する、社交界屈指の放蕩者ホーソーン公爵

風変わりな出逢い、結婚。だが、幸せを噛みしめる間もなく悲劇が訪れ…?

面白かったぁ。ヒロインがめっちゃイイ純真無垢で賢くて思いやりに溢れていてヒーロー祖母の心を溶かす様は見事、泣ける雲の形、花の色に戸惑うヒーローがイイ中々素直になれなくてイジイジと可愛い黒幕が解るまでは最高傑作だったんだけど…う~ん、ちょびっと残念そこまで捻りを利かせてくれなくても、いいのに紆余曲折は充分あったんだから次の邦訳が待ち遠しい


余談:
若干の校正ミスが水を差す

備考:
マクノート著作リストとH/Hは以下へ
スポンサーサイト
Tag : 二見文庫
 
 
 
 

公爵を振り向かせるための11の誘惑

2011/10/サラ・マクリーン/公爵を振り向かせるための11の誘惑 (ラズベリー)

イタリア人の商人の血をひく、有力貴族ラルストン侯爵の異父妹ジュリアーナ

ジュリアーナが社交界の象徴として嫌っている、ハンサムだが尊大なレイトン公爵サイモン

情熱の乙女とクールな公爵との恋の賭けの行方は…

面白かったぁ。元気いっぱいのヒロインがイイ次々に起こるスキャンダルにもめげずショボンとしていても可愛らしい”見下し公爵”の変身っぷりがイイシングルマザーのヒーロー妹もいつかヒロインになりそうだし、カリーの兄ちゃんもヒーローになるかしら次のシリーズも邦訳されますように


余談:
季節の変わり目で絶不調でした
パソコンの前に座っていられない
寝ながら読書は出来るんだけど
すぐに眠っちゃうし…
段々マシになってきました
あとちょっと

備考:
シリーズとH/Hは追記へ
 
 
 
 

背徳のエンジェル

2011/9/ケイト・ピアース/背徳のエンジェル(ラベンダーブックス)

海賊に誘拐され、トルコで7年間も性奴隷とされた過去を持つ、男女どちらとも愛し合える英国人紳士ピーター

同性愛者であるピーチャム卿はピーターに妻との間に入ってくれと頼む、ピーチャム卿の妻アビゲイル

エロティック・ロマンスの傑作、マダムヘレーネの<悦びの館>シリーズ第2弾!

面白かったッ。ホット度は相変わらずまた3P?と代わり映えのしないシュチュにはちょっとガッカリ前作よりBLが多めかも終盤で前ヒーローとの葛藤は落ち着きそうな気配何にしても誘拐された子供二人が幸せになれて良かったエロスにはお腹いっぱいだけど、アンソニーまでは読みたいかなぁ


備考:
シリーズとH/Hは以下へ
 
 
 
 

公爵と結婚する方法

2011/10/ヴィッキー・ドライリング/公爵と結婚する方法(マグノリア)

"男狩りの名手""独身男の脅威"と言われる結婚仲介人テッサ

テッサに結婚相手探しを頼むことにした、シェルボーン公爵トリスタン

二十四人の独身女性とお見合いし、候補者を絞っていくと言われ…

面白かったぁ。ヒロインの事情がヒストリカルにしては”地雷”と感じる人もいるかもしれないけどキャンディス・キャンプ の”伯爵夫人の縁結び”シリーズを彷彿とさせる私はコチラの方が独創的で面白かった終盤は泣けるプロポーズもgoodヒーローママが個性的でヒジョーにイイ今年刊行されたばかりの新人さんのようこれから楽しみ訳者あとがきが無いので不安だけど、ぜひ続編を邦訳して欲しいなぁ


備考:
シリーズとH/Hは以下へ
 
 
 
 

伯爵の求婚

2011/8/グレース・バローズ/伯爵の求婚(マグノリアロマンス)

早く結婚するよう父公爵から圧力をかけられている、ウエストヘイヴン伯爵ゲール

掃除係のメイドに手を出していると勘違いしてゲールを火かき棒で殴ってしまう、メイド頭のアンナ

結婚する気がなかったが、アンナには惹かれずにはいられない…

面白かったぁ。摂政期の日常生活が丁寧に書かれていて興味深い序盤の愛人とのやり取りはヒジョーに愉快愛人はいるけど真面目なヒーロー最後の最後でヒーロー頑張ったぁ遅ればせながらナイスプロポーズ冷えたレモネードが飲みたくなる次作もぜひ邦訳して欲しい


備考:
シリーズとH/Hは以下へ
 
 
 
 

放蕩貴族のレッスン

2011/9/サブリナ・ジェフリーズ/放蕩貴族のレッスン (扶桑社ロマンス)

自然科学を専門とし、ものごとをすべて論理的に判断する女学校教師のマデリン

姪の学校への入学を求める、プレイボーイとして名高いノーコート子爵アンソニー

姪の入学の条件として“放蕩者のレッスン”の講師をしてくれと言われ…

面白かったぁ。読了後にプロローグを読み直すと切なくて涙著名な化学者の態度がアレなのに実名でビックリ知りたがりで可愛らしいヒロインが理路整然と語るのは愉快リボンを付けたヒーローは笑えるヒーロー友人のあの人が気になるなぁひょっとしてマイケル様かしら次作邦訳がとっても待ち遠しい


備考:
シリーズとH/Hは以下へ
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2011年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。