ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

囚われの愛ゆえに

2010/10/アナ・キャンベル/囚われの愛ゆえに (二見文庫)

いとこの家に身を寄せる途中、娼婦と間違えられ、とある屋敷へとさらわれてしまう、若き未亡人のグレース

幼いころ熱病を患い、以来11年ものあいだ冷酷な叔父ジョン卿によって不当に監禁されていた、屋敷の主である侯爵マシュー

豪華な牢獄で燃えあがる愛の物語

面白かったぁ。我慢強いメロメロヒーローいいなぁ初心なのもたまらん暗いけど、最後には明るい未来が待っているので、ひたすら先が気になる(一気読みしたいのに、疲れと諸々の用事で出来ず)前作同様、悪い奴は、とことん悪くて解り易い活躍した犬とヒーローの再会、難聴夫人のその後、に触れてないのが若干不満次作『Captive of Sin』も再び暗そうだけど楽しみ



備考:
2009/10/アナ・キャンベル/罪深き愛のゆくえ (二見文庫)
スポンサーサイト
Tag : 二見文庫
 
 
 
 

情熱のプレリュード

2010/5/ニコール・ジョーダン/情熱のプレリュード (ライムブックス)

傷心を癒すため、カリブの島を訪れていた、イングランドの公爵令嬢オーロラ

海賊の汚名を着せられ絞首刑を宣告されていた、英国海軍に捕えられたアメリカ人ニコラス

「ヘルファイア・リーグ」の一員、ニコラスが命懸けで挑む恋の冒険

面白かった。途中中断を余儀なくされたので、感想が散漫に…死刑囚との結婚って、思ったのと違う展開だったけど楽しめたメロメロで我慢強いヒーローがイイ元婚約者にはビックリ都合良く落ち着いて、まぁ良かったけどクルーン伯爵の第5作まで、ぜひ翻訳して欲しいなぁ


備考:
Notorious シリーズ1~5
1誘惑のエチュード 男爵ダミアン・シンクレア&ヴァネッサ(準男爵未亡人)
2情熱のプレリュード アメリカ人ニコラス・サビーン&オーロラ(公爵令嬢)
3とこしえの愛はカノン ウィクリフ伯爵ルシアン・トレメイン&ブリン(準男爵令嬢)
4Ecstasy ケル&ニコラスの妹レイヴン
5The Prince of Pleasure クルーン伯爵ジェレミー・アデア(デア)・ノース&ジュリエンヌ
 
 
 
 

氷の伯爵

2007/9/アン・グレイシー/氷の伯爵 (ハーレクイン文庫)

年頃の令嬢を集めてパーティーを催し、花嫁を探すと言い出した、“氷の伯爵”の異名をもつ独身主義者のダレンヴィル卿

会場の手伝いをすることになった家庭教師タレイア・ロビンソン

19世紀初めのヒストリカル・ロマンス

面白かったッ。明るく、元気で、可愛らしいヒロインがイイ賢いんだけど、無知な部分もあったり、とぼけ具合がイイなぁいきなり妄想場面になるのが私にはちょっと解りにくかったけど子供が絡むので泣ける意地悪女の子供達がどうなったのか、気になる、気になるアン・グレイシー、やっぱ好みだわぁ
 
 
 
 

チョー多忙

趣味のスポーツの試合出場
打ち上げ
長男の結婚式
と続き、読書する暇がなかった

やっと読書の秋です
 
 
 
 

かぐわしき天使

2008/6/アン・グレイシー/かぐわしき天使 (ハーレクイン文庫)

ひとりで生きるために仕事を探していた、天涯孤独になったケイト

戦地で負傷し、父親の遺産も相続できず、あげくのはてには婚約者も失い、自暴自棄で部屋にとじこもっているジャック

19世紀初めのヒストリカル・ロマンス

面白かったぁ、すっごく涙、涙でアッという間に読了今まで読んだフローラのアン・グレイシーはこんなにもインパクト無かったなぁまぁ、設定も戦争体験という特異なものではあるけれどヒロインがイイ健気で気丈で働き者で可愛らしいヒーローの友人に必要な事だけ話し、余計な事は言わない素敵な人がいるのに…スピンはないのかなぁ



追記:
ゆっくり再読
爽快なシンデレラ・ストーリー
最後のオチ、ヒーロー父親の手紙もイイなぁ



備考:
アン・グレイシーの作品(フローラブックス)は以下へ
 
 
 
 

謎の伯爵と過ごす夜は

2010/10/カレン・ラニー/謎の伯爵と過ごす夜は (フローラブックス)

過去にスキャンダルを起こして、いい条件では結婚できないダヴィーナ

社交界で「アンブローズの悪魔」と呼ばれる変わり者、ローン伯爵

1870年のスコットランドが舞台、魅惑のヒストリカル・ロマンス

面白かったッ!ヒストリカルだけどヒストリカルじゃないようなでもロマサスにしてはヌルイかなぁヒストリカルでは珍しく"処女じゃない"好奇心いっぱいの元気なヒロイン"アヘン中毒"と闘うヒーローただ、この時代に”がん”ってありかなぁ"不治の病"ぐらいだろう、とちょっと違和感終盤の奪還場面はヒストリカルらしく爽快事件も上手く解決したしぜひ、他の作品も読んでみたい
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2010年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。