ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

あなたのそばで見る夢は

2010/4/ロレイン・ヒース/あなたのそばで見る夢は (二見文庫)

手紙のやりとりだけで結婚を決めたまだ見ぬ婚約者に会うべく、ひとりジョージアからテキサスにやってきたアメリア

足を骨折した兄(婚約者)の代わりにやって来て駅で出迎えた、戦争で顔に大きな傷を負い、寡黙だが心優しい弟ヒューストン

心に深い傷を負った男女の愛を、RITA賞作家が丁寧に描く感動のヒストリカルロマンス !

う~ん、面白かったぁ。涙、涙で一気読み、即再読
”質問と挑戦のゲーム”がイイオチが素晴らしいロレイン・ヒース凄い
やっぱ、ひたすら我慢のヒーロー好きだなぁ元気で明るいヒロインも
趣味の悪い兄貴はどんなヒーローになるんだろう忘れないうちに次作ぜひ刊行して欲しい
スポンサーサイト
Tag : 二見文庫
 
 
 
 

不埒な公爵と恋の賭けを

2010/4/エマ・ワイルズ/不埒な公爵と恋の賭けを (ラズベリーブックス)

“天使の伯爵”と呼ばれるデレクとどちらが魅力的な恋人で、女性を悦ばせることができるかという賭けをした“悪魔の公爵”ニコラス

匿名で審判に応募してきた“冷たい美女”と評判の、若く美しい子爵未亡人キャロライン

ロマンティックでホットなヒストリカル・ロマンス

面白かった。二つのロマンスが上手くリンクしていて楽しめる設定は奇抜だけれど、それぞれの事情で納得できるし私的にはイジイジとして可愛いデレクの方が好きだけどなぁ秋頃に邦訳予定の新作も買い

余談:
一気読みできるほど面白かったんだけど、忙しくて細切れになり、時間かかってしまった
 
 
 
 

レディ・スターライト

2010/4/アマンダ・クイック/レディ・スターライト (ヴィレッジブックス)

叔母が何者かにゆすられていることを知り、マーカスの愛人になりすまして調査を開始する27歳の女性イフィジナイア

ロンドン社交界で名を馳せたマスターズ伯爵マーカス

人気絶頂の名匠アマンダ・クイックが放つ華麗なるヒストリカル・ロマンス!

面白かったぁ。さすがにアマンダ・クイック、捕まえて放さない一気読み
H/Hのやり取りが楽しくて好き脇役達までもイキイキとしていて、作品にのめり込める殺人事件がサラッとしてオゾマシくないのも好きスピンないようでとっても残念

余談:
”おもな登場人物”の説明があきらかに間違っているのは、いただけない
邦題もカタカナじゃない方がイイと思うがなぁ
 
 
 
 

ウィンダム公爵と美しき義賊

2010/4/ジュリア・クイン/ウィンダム公爵と美しき義賊 (RHブックス・プラス)

厳格で気位の高いウィダム公爵夫人のコンパニオンとして生計をたてていた、身寄りのないグレース

闇夜に馬車を襲った、罪深いほどハンサムな義賊ジャック

「ウィンダム公爵家シリーズ」2部作の第1弾

面白かった。結末は予想外というか、予想通りというべきかいずれにしろ意外だった二冊組の本だそうな。第2弾はたぶん友人アメリアとあの人のロマンス今作はヒーローの境遇はユニークだけど、ヒーロー自体はチト’薄い’感じ次作あの人に期待同じ出来事を別の視点から書いているという”Mr. Cavendish, I Presume”の早期邦訳をお願いします
 
 
 
 

せつなさは愛の祈り

2010/4/エリザベス・ホイト/せつなさは愛の祈り(ライムブックス)

英国の田舎町で怪我を負い、血まみれで道に倒れている瀕死の男サイモンを家に連れ帰り、献身的に看護する、退役海軍大佐の娘ルーシー

殺された兄の仇を討つという残酷な使命を背負っているイズリー子爵サイモン

激情に彩られた珠玉の愛の三部作、いよいよ最終話!

面白かった。けど前半は遅々として進まず。兄の殺人事件に関わっている人が”主要登場人物”で見る限り身近な人なので、結末がおぞましく思えたからかなぁ。
後半は一気会話がイイとくにヒーローからの懇願プロポーズも
手紙がイイ”追伸”最ッ高~プレゼントがイイ涙、涙で読了
やっぱりエリザベス・ホイトいいかも
 
 
 
 

月光の騎士の花嫁

2010/2/スーザン ・キャロル/月光の騎士の花嫁 (ヴィレッジブックス)

円卓の騎士ランスロット卿の幽霊と遭遇する、若くして未亡人となった孤独な女性ロザリンド

コーンウォールの崖の上の古城に住む放蕩者、不思議な力を持つと囁かれる一族の息子ランス

魔法の夜に囚われて』 に続く”花嫁探し人”シリーズ第二弾!

面白かった。ヒーローが嫉妬に悶えるのは大好きそれも自分に、なんて最ッ高~終盤にドキッとする事件が起きたけど、最後は大団円!めでたし、めでたし少々無理があろうが何だろうが読後感よければヨシッホントにホッとした。次作も楽しみ
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2010年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。