ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

放蕩貴族を更正させるには

2010/3/カーラ・ケリー/放蕩貴族を更正させるには (ラベンダーブックス)

戦争でアイルランド人に父親を殺され、自らも片目を失って以来、生きる目的を失って自堕落な生活を送っていた侯爵のジョン

米国からやって来たいとこの侍女、アイルランド人のエマ

RITA賞受賞作家の真骨頂が発揮された傑作ロマンス!

面白かったぁ、一晩で一気読みやっぱりカーラ・ケリーはイイ子供が出て来なくてもイイ!社交シーズン真っ最中なのに、ほとんど社交界の事が書かれてないのも珍しいかもロマンス部分は少ないといえば少ないんだけど、そこかしこで切ない最後の最後は急ぎ過ぎで、ちょっと残念。幸せそうでホットなエピローグも欲しかったなぁスピンは無さそう、なので次
スポンサーサイト
 
 
 
 

彼を誘惑する方法

2009/12/マヤ・バンクス/彼を誘惑する方法 (マグノリアロマンス)

失恋のショックで酔ってトニとベッドイン、まったくそのことを覚えていないサイモン

サイモンにずっと片思いをして、その子を妊娠してしまったトニ

兄(マット)と親友ふたり(サイモンとA・J)とトニの四人暮らしが織り成す、マヤ・バンクス処女作

面白かった。男達との四人暮らしが楽しそう消防士の”みんな兄弟、家族”的なところもとってもイイ!兄貴はちょっと…何だかなぁ、だけど。A・Jと友人マイクがイイスピンは無いのかなぁ
 
 
 
 

くちづけはいつも闇の中

2010/3/ケリリン・スパークス/くちづけはいつも闇の中 (ライムブックス)

マフィアの抗争に偶然巻き込まれて以来、歯科医だというのに血を見るのが苦手になったシャナ

ロマテック・インダストリー社(医療界に革新をもたらした人工血液を開発)を経営する科学者のローマン(ヴァンパイア)

2009年度RITA賞パラノーマル部門ファイナリストの超人気シリーズがついに日本上陸

すっごく面白い!お気楽パラノーマルとっても解り易い。生活感(?)ある現代的なヴァンパイアで新鮮真面目なヒーローが可笑しくて可愛い題名は原題通り『大富豪の吸血鬼と結婚する方法』の方が”らしく”て良かった気がするけど。次作ヒーローが彼って事は…、まだまだCIAが関わって来るって事か。最後にスゴスゴ去って行くあの人も、何だかマヌケで笑っちゃう魅力的なヒーローがいっぱい。次々邦訳されるといいなぁ
 
 
 
 

突然のキスは秘密のはじまり

2010/3/ジュリア・クイン/突然のキスは秘密のはじまり (ラズベリーブックス)

社交シーズン4年目のブリジャートン家の末っ子、ヒヤシンス

社交界で“ドラゴン”とあだ名される伯爵夫人レディ・ダンベリーの孫で男爵家跡継ぎ、ガレス

大人気、ブリジャートンシリーズ7

面白かったぁ。会話が軽妙で愉快!『◯◯◯、ガレス』には笑える真実を知った父親の感想が知りたかったなぁ。けど、その後悶着を起こさなかったという事は、父親もどこかホッとして納得したのかしらん次作はRITA賞受賞作で、さらに期待後日談の全八冊分は薄そうだけど、是非邦訳して欲しい
 
 
 
 

冷たい瞳が燃えるとき

2010/3/ナリーニ・シン/冷たい瞳が燃えるとき (扶桑社ロマンス)

強大な能力ゆえに隔離・監視下で暮らしていた予知能力者フェイス

野性に満ちた危険なチェンジリング、ヴォーン

パラノーマル・ロマンス“超能力者=動物に変身する種族”シリーズ第2弾!

やっと入手した面白かった。相変わらず難しいけど何だか理解できてしまう、不思議な世界まさしく『サイネット』は現代のインターネットの精神版で、チャットのようなものもあり、そういう風に考えるから何だか解った気になるのかなぁ期待した分、前作程の感動は無かったかも。父親にはビックリへぇ~、そういう展開かぁ、という。”闇”の謎も未解決だし、次作もとっても楽しみ

余談:
扶桑社ロマンスの発売日が変更だとか。(扶桑社ロマンス通信より)
月末だったのが月初めになる。
翌月になるから、新刊情報は他社と揃うかも
 
 
 
 

黒の伯爵とワルツを―背徳の貴公子〈1〉

2009/9/サブリナ・ジェフリーズ/黒の伯爵とワルツを(MIRA文庫)

やがて莫大な遺産を相続する、聡明で気の強そうなキャサリン

困窮した伯爵家の領地を守るために、持参金目当てであることを悟られずにうまく金持ち娘と結婚するしか方法はないアイヴァースリー伯爵アレクサンダー・ブラック

全米の女性を虜にした魅惑のリージェンシー3部作、日本初登場

面白かった。たいした事件も起きないのに飽きさせないのは凄い幼なじみも幸せになれそうで良かった(私はプラトン『饗宴』の元の人間の姿、の部分が妙に納得出来て好きなので)次作以降のヒーロー達もとてもステキそうなのに、本作が刊行されてから既に半年経過次作は新刊で購入しますので、早期刊行をよろしくm(._.)m
 
 
 
 
今月発売・購入・読了
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2010年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。