ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

漆黒の旅人 -ザレクー

2010/1/シェリリン・ケニヨン/漆黒の旅人 -ザレクー (ラズベリー)

女神に逆らった自分が始末されないはずがない、と死を覚悟していた、ヴァンパイアを狩るダークハンターのザレク

ザレクを裁くため女神から遣わされた裁判官の妖精、盲目の美女アストリッド

大人気、ダークハンターシリーズ

面白かった。けど、何から何まで理不尽過ぎて…辛過ぎるかなり元気な時じゃないと読めない。それにやっぱりダークハンターが減っていく次作はウルフかぁ。まぁ、買ってしまうだろうなぁ
スポンサーサイト
 
 
 
 

眠れずにいる夜は

2009/12/リサ・マリー・ライス/眠れずにいる夜は (二見文庫)

パリ留学の夢を捨てて故郷に戻り、最近引っ越してきたロシアの小説家ワシーリィと文学や音楽の話を気晴らしに交わす図書館司書をつとめるチャリティ

図書館に投資先の資料を求めて現われた、荒々しくも繊細で魅力的なニック

ロマンスの新たな地平をひらく意欲作!

面白かった。プロローグから鷲掴みにされ、最後まで一気に持ってかれたでも『ドーバーの白い崖の彼方に』を読んだ直後なので、ヒーローの職業意識が甘く感じられる。まぁ、ヒロインにメロメロって事でイイんだけど前作『危険すぎる恋人』との繋がりがわからないただ「危ない」つながりかなぁ次作も作家買い
 
 
 
 

ドーバーの白い崖の彼方に

2009/11/ジョアンナ・ボーン/ドーバーの白い崖の彼方に (二見文庫)

イギリス侵攻作戦に関する機密文書を所持している容疑で、フランス警察にとらえられ監禁されていた19歳の勝気な少女アニーク

脱獄目的で協力し、追っ手に命を狙われながらも逃亡を図る、けっして恋してはいけないイギリス人スパイのグレイ

激動の時代にゆれるヨーロッパを舞台に描く壮大なヒストリカル・ロマンス!

すんごく面白かったッ!面白過ぎてビックリ�т����忙しいのに中々中断することが出来ず、また読み始めるとすぐに引き込まれるGOODH/H共に優秀なスパイで駆け引きも壮快!読み終わりたくなかったぁ。もう少し幸せに浸っている二人のエピローグが欲しかったぁ。これでもRITA賞最終候補作止まり?受賞した次作に期待し過ぎて胸がはち切れそう���D�P
ちょっと気になった箇所(最後の方アニークの「あなたに恋をするのはむずかしいわ」は「あなたに恋をしないのは…」じゃないかなぁって、まぁたいした問題じゃないんだけど)があって拾い読み、のつもりが最初からガッツリ再読中���Ƃ�-�f�C�W�[�I�����W
 
 
 
 

花嫁選びの舞踏会

2009/12/オリヴィア・パーカー/花嫁選びの舞踏会 (ラズベリー)

ヨークシャーの城に7人の令嬢たちを招き、爵位存続のため弟トリスタンの花嫁を2週間後の舞踏会で決定すると発表したウルヴェレスト公爵、ガブリエル
と、
放蕩者のトリスタンに恋する親友シャーロットを守ろうとしぶしぶ参加することにする、候補の1人になった結婚願望がない令嬢マデリン

太陽のような令嬢と傲慢な公爵の突然のロマンス

面白かったぁ。たいした事件も無く、話が進んでいくんだけど楽しめる。とにかくヒロインが可愛らしい����もっともっとズッコケぶりを楽しみたかったなぁ。たった2週間だけど同じ屋根の下で暮らすので、急速に惹かれ合っていくのも納得出来る�E�n�[�g続編はどうなるんだろう?待ち遠しい�A�b�v���[�h�t�@�C��
 
 
 
 

月の光に魅せられて

2009/10/テレサ・マデイラス/月の光に魅せられて (イソラ文庫)

両親を亡くしてから自分の幸せはあきらめ、苦労して二人の妹達を育ててきた、キャロライン(美人と評判の上の妹は、おばの援助で社交界デビューがかない子爵のエイドリアンに求婚されている)

吸血鬼ではないかという噂があるハンサムで裕福な子爵のエイドリアン

禁じられた恋と邪悪との闘い、心ふるわすヒストリカル・ロマンス

面白かったぁ。ホッとするメルヘンちっくなお話���邤��豪華なおせち(昨今のパラノーマル)の後の七草粥みたいな…�e��Cultivation�E����ヴァンパイア大好きなのでヒーローの設定はちょっと残念かなぁ���次作も絶対買い!弟に期待�C�`�S

余談:
相変わらず読書時間が取れず悶々���Q
冬場はしょうがないかなぁ。
春はもうすぐ………ってまだまだ遠いjumee��snowman2L
 
 
 
 

嘘はオアシスに眠る

2009/12/ジュリー ・ガーウッド/嘘はオアシスに眠る (ヴィレッジ)
警察やFBI、様々な法執行機関に携わる大家族に育ちながら、コンピュータビジネスで成功を収める異色の才媛ジョーダン

兄の同僚であり、抗いきれない魅力でジョーダンの心乱す男、FBI捜査官のノア(『バラの絆は遥かなる荒野に』に登場したコール・クレイボーンの子孫)

ロマンスの名手が贈る話題作、ブキャナン兄弟シリーズ6

面白かったぁ。やっぱりガーウッドいいなぁ�Ί�グイグイ読ませる。二人の会話がイイ�т����兄弟がらみの長いエピローグが欲しかったなぁ。唐突に終わってちょっと残念d001次作も絶対買い�A�b�v���[�h�t�@�C��


あけましておめでとうございます�x�m�R
本年もよろしくお願いいたします�L���L���͂���
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2010年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。