ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

囚われた貴石

2011/7/クリスティーナ・ドット/囚われた貴石 (MIRA文庫)

女侯爵になりすましてロンドンを訪れたエレノア

エレノアの主人である女侯爵との縁談を金で買った、見目麗しくも冷酷な富豪、
レミントン

容姿が瓜二つのいとこ同士、レディと付き添い人が入れ替わって!?

面白かったぁ。前作より断然面白いヒロインが段々開き直って行く様は痛快で、しなやかな強さが魅力的目的を忘れそうなほど惹かれてしまう、ヒーローのメロメロ具合がイイ些細な事だけど、日記はどうなったんだ終盤は前作H/Hも登場して大団円


備考:
THE SWITCHING PLACESシリーズ1~2
1賭けられた薔薇 キャンピオン伯爵ガブリエル&女侯爵マデリン・ド・レイシー
2囚われた貴石 アメリカ人富豪レミントン・ナイト&マデリンのいとこで付添人エレノア・ド・レイシー
スポンサーサイト
Tag : MIRA文庫
 
 
 
 

賭けられた薔薇

2011/6/クリスティーナ・ドット/賭けられた薔薇 (MIRA文庫)

賭博好きの父親が賭に娘を出して負けたため、どこぞの富豪のもとに嫁がねばならなくなった、女侯爵マデリン

近々開かれる大賭博会場となる館にいた、元婚約者キャンピオン伯爵ガブリエル

容姿が瓜二つのいとこ同士、レディと付き添い人が入れ替わって!?

面白かった。ヒロインの慣れない付添人ぶりが可笑しいでも思い込みの激しさと何でも仕切りたがり屋は、可愛げが無いかもヒーローの近侍の意見に同感心揺れるヒーローはヘタレになりきれず、私的にはイマイチそれでサブロマンス(?)はどうなるんだ父親は結局何処にいたんだ次作は場面が違うから解決しないだろうなぁ付添人の女侯爵ぶりは気になるので、次作もたぶん買い


備考:
THE SWITCHING PLACESシリーズ1~2
1賭けられた薔薇 キャンピオン伯爵ガブリエル&女侯爵マデリン・ド・レイシー
2One Kiss From You アメリカ人富豪レミントン・ナイト&付添人エレノア
『囚われた貴石』(2011/7邦訳予定)
Tag : MIRA文庫
 
 
 
 

憂鬱の城と麗しの花

2008/10/クリスティーナ・ドット/憂鬱の城と麗しの花 (MIRA文庫)

伯爵家の老婦人の付き添い役になるため、緑濃きランカシャーの古城を訪れた、家庭教師斡旋所を手放したハナ

妻を殺した危険な人物だという噂の雇主、レイバーン伯爵

家庭教師花嫁シリーズ、第三弾

面白かった。ヒロインへの復習に固執していて、前半のヒーローは可愛気がないでも四人の可愛らしい老婦人達が補って余りあるヒーローの側仕えとヒロインの確執をスッキリと解決して欲しかったなぁもう一波乱あるのかと思ってしまった最後は全員集合で大団円、めでたし、めでたし



備考:
家庭教師花嫁シリーズ1~3私的アバウト評価
1異国の子爵と月の令嬢=◯ 子爵ウィンター・ラスキン&シャーロット
2霧の宮殿と真珠の約束=はな◎ ケリッチ伯爵デボン・マシューズ&パメラ
3憂鬱の城と麗しの花=◎ レイバーン伯爵ドゥガルド・ピパード&ハナ
Tag : MIRA文庫
 
 
 
 

霧の宮殿と真珠の約束

2008/4/クリスティーナ・ドット/霧の宮殿と真珠の約束 (MIRA文庫)

ヴィクトリア女王の宴で披露するために、孤児を引き取って礼儀作法を仕込み、貴族の子女に仕立てあげてほしい、と家庭教師斡旋所を訪れたケリッチ伯爵

家庭教師の条件は、伯爵の寝室に潜り込んだりしない年配の不美人であること、なので野暮ったい服と厚化粧でたぐいまれな美貌を隠し、伯爵家に乗り込んだパメラ

家庭教師花嫁シリーズ、第二弾

面白かった。前作はイマイチだった印象があるけど…ヒロインの変装がバレるのは確実なんだけど、それでもドキドキ自惚れ屋のヒーローは何処かで自分をあざ笑ってるような所があって憎めないそれに「~満月」をいつまでも気に病んでるのは可愛いィ~鋭い祖父やら賢い少女やら脇役陣がいい味出してるしヴィクトリア女王が意外にお茶目で可愛らしいそれにしても題名の意味不明



備考:
家庭教師花嫁シリーズ1~3
1異国の子爵と月の令嬢 子爵ウィンター・ラスキン&シャーロット
2霧の宮殿と真珠の約束 ケリッチ伯爵デボン・マシューズ&パメラ
3憂鬱の城と麗しの花 レイバーン伯爵ドゥガルド・ピパード&ハナ
Tag : MIRA文庫
 
 
 
 

情熱の絆

2009/9/クリスティーナ・ドット/情熱の絆 (フローラブックス)

自分が一家と血が繋がっていないことを知ってしまうワイルダー家の末娘ファイアバード

息子・アレクサンドルの父親でピユーマに変身するダグラス

傑作パラノーマル『闇の勇者たち』シリーズ、激動の最終巻

面白かった。上手くまとまめたって感じ。でも何故ファイアバードはダグラスが四男だと思ったんだろう?あの時点では赤ちゃん取り替えはわかってなかったと思うけどjumee��whyL更に逃げた悪魔は?悪は滅びないって事なのかなぁ。ファイアバードの出自も謎だし。シリーズ完結編だから続きは無いのかしら�͂Ă�
 
 
 
 

情熱の記憶

クリスティーナ ドット
2009/7/フローラ
ヒマラヤ山中に建設中のホテルの現場監督を務めているカレンと略奪を生業とする無法者の集団のリーダーのウォーロード

期待してたのに…�����前半が辛かったぁ。ホントにコレがヒーローなわけ?って感じで。恐怖に怯えながら気持ちよくはならないだろう�����{�B�K2年後からは事情が明らかになって来て、やっとロマンス本らしくなる。最後はまぁ、ちょっと安易な気もするけど大団円。でもやっぱり最終巻は買うと思う��̗t3����������i��-�����w�i�p�j ��SbWebs��
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。