ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

ハイランドの鏡のなかに

2012/2/カレン・マリー・モニング/ハイランドの鏡のなかに (ヴィレッジ)

仇敵の魔術師の罠にはまり、悪妖精の聖遺物である鏡のなかに幽閉されてしまった
9世紀のハイランドの戦士キアン・マッケルター

偶然が重なり魔術師の手を離れた鏡を受け取った、アメリカの女子学生ジェシー

波瀾万丈の傑作ロマンス・ノベル

面白かったぁ。でもヒーローが強靭過ぎて悶々具合が少ないのが不満かなぁ私は強いヒーローがウジウジ悶えるのが好き伝説のハイランダーだから仕方ないけどヒーローの子孫で16世紀の双子のマッケルター兄弟と伴侶が再登場既刊ほとんど忘れてるし…”女王が選んだ残りの二人の男”が気になるけど、ハイランダー物は暫くお休みのよう次作邦訳はフィーバー・シリーズ二作目とっても残念


シリーズ紹介は以下へ
スポンサーサイト
 
 
 
 

ハイランドの呪われた王子

2010/8/カレン・マリー・モニング/ハイランドの呪われた王子 (ヴィレッジ)

妖精の女王の逆鱗に触れ、妖精同様、普通の人間には見えない存在のまま人間にされてしまったアダム・ブラック

妖精の姿が見える特殊能力を備えた、ロースクールに通う24歳の美女ギャビー

傑作パラノーマル・ロマンス!

面白かったぁ。一気読みしっかり前作と繋がっている私はすっかり忘れたまま読了でも楽しめたなるほどねッ「その人のためなら死ねるのが愛よ」の帯に納得そういう意味かぁエピローグもとっても素敵次作も楽しみ


余談:
一昨日upした『月夜に恋が目覚めたら』の結末が”残念な決断”だったのは、ヴァンパイア云々じゃなくてヒロインが飛び込んだから、かも今作はヒーローが飛び込んだので感動のラストになった何てったってヒーローなんだから、思い切ってダイブしないと

シリーズ紹介は以下へ
 
 
 
 

愛の記憶

2010/2/カレン・マリー・モニング/愛の記憶(ライムブックスLR)

一族を守るため、闇の王に500年間仕えていた高地人(ハイランダー)のエーダン

幼い頃から夢に現れる黒髪の男性に恋している現代アメリカのジェーン

魅惑のラブストーリー

面白かったでも短過ぎ!字も大きめで、隙間も広いような…ずっと夢で会っていた、で全てを要約されてしまったスピンも無さそうで残念
 
 
 
 

ハイランドの白い橋から

カレン ・マリー・モニング
2009/6/ヴィレッジブックス
時空の狭間でうごめく邪悪な魂に蝕まれはじめた16世紀のハイランドの勇者ダゲウスと美術館で働く美しい女性クロエとの傑作タイムトラベル・ロマンス

あまりに待っていたので、期待し過ぎたかなぁ。悪役に活躍してもらって、もっと話に起伏を持たせて欲しかったなぁ。面白かったけど、ちょっと物足りない���ƂƁ|��������
 
 
 
 
今月発売・購入・読了
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。