ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

ハイランダーの帰郷

2012/9/メリッサ・メイヒュー/ハイランダーの帰郷 (マグノリア)

13世紀で命を落としかけ、21世紀の医療に助けてもらうためタイムトラベルしたロバート

13世紀で臨終間際の友人から面倒を見てほしいと頼まれていた娘イザベル

邪悪な妖精に狙われるリーアを守るため13世紀に戻る決意をするロバートだが…

面白かったッ。上手い事タイムトラベル出来たエピローグがたっぷりで嬉しいふむふむ、皆しあわせそう、と親戚のおばさん気分巻末に人物相関図あり時代を越えた関係は解らないけど…次のシリーズ<The Warrior>のヒーローがちょい出続けて読まされそうだなぁ次作はたぶん中世で楽しみ


備考:
シリーズとH/Hは追記へ
スポンサーサイト
 
 
 
 

宿命に導かれた恋

2011/11/メリッサ・メイヒュー/宿命に導かれた恋 (マグノリア)

妖精の父親の血を受け、子どものころから人に見えないものが見える能力を持つ
デスティニー

"コリエル・エンタープライズ"社のジェス

デスティニーの妹リーアが、なにものかに誘拐され…シリーズ第5弾!

面白かったッ。前作はすっかり忘れてるヒロインが夢で未来を見る幻視能力者なので、若干解りづらい父親、弟の謎は解けないままかしらん最初から運命の人どうしみたいなH/Hで、ロマンス色は薄めに感じたファンタジーかと思ってたけど、何だかヴァンパイア物みたいになって来た悪者の愛人の行く末が気になる次作は再び中世にタイムトラベルとっても楽しみ



備考:
シリーズとH/Hは追記へ
 
 
 
 

魔法がくれたハイランダー

2010/11/メリッサ・メイヒュー/魔法がくれたハイランダー (マグノリア)

突然、胸に奇妙なあざが現れたり、数年前に出ていった継父から家や牧場は彼のものだと主張されたり、苦難の連続のエリー

エリーが現実逃避に求めた、何度も読み返したロマンス小説の理想のハイランダーそのものの男性ケイデン

知らぬ間に妖精の能力を与えられていたエリーが13世紀へタイムトラベルして…シリーズ第4弾!

面白かったぁ。アッという間に一気読み動物と…は楽しそう風呂の設定は素晴らしいかなり寒そうだけど、露天風呂だと思えばねェ妖精ポールの軽率さは笑える最初のイメージと違ってズッコケ王子様しっかしヒーローの元婚約者とその兄弟は益々わけがわからん裏切り者はどうなったんだ次作以降に顛末があかされるかなぁ早く邦訳されますように



備考:
シリーズは以下へ
H/H紹介はネタバレなので
 
 
 
 

真実の愛は時の彼方に

2010/8/メリッサ・メイヒュー/真実の愛は時の彼方に (マグノリアロマンス)

13世紀のスコットランドからタイムトラベルし、現代のアメリカで暮らすマリィ

苦悩と屈辱に彩られた心の傷のせいで、誰かを愛することは考えられない、マリィを助ける妖精の守護者ラモス

13世紀へタイムトラベルして宿命を果たす、シリーズ第3弾!

面白かった。従妹の性格が、意図的に偽っていたとはいえ別人のように変わったのにはビックリ一気読みしたいのに、夏休みで細切れにしか読めないのが辛いところそのせいか話しの流れがギクシャクして不自然で状況説明が少々理屈っぽいかな、と感じた訳者同様、ダリンに興味津々次作ケイデン、とっても楽しみ絶対買い


備考(私的アバウト評価)は以下へ
未邦訳のH/H紹介はネタバレなので
 
 
 
 

ハイランドの守護者

2010/5/メリッサ・メイヒュー/ハイランドの守護者 (マグノリアロマンス)

仕事と休暇を兼ねてスコットランドのコテージに滞在することにした、三十八歳、そしてバツイチであるロマンス小説家のサラ

サラよりもずっと若く、ハンサムで魅力的な伯爵のイアン

妖精の血が混じった人間たちの物語、第2弾!

面白かったぁ。前作同様タイムトラベルものだと思っていたので、最初はガッカリこういうのは妖精もの、というのかなぁ。カレン・マリー・モニングのハイランダーシリーズ(ちなみに『ハイランドで月の女神と』はチョー面白い!)と若干似てるかもお馴染みの妖精アダム・ブラックみたいなのが出て来て楽しい次作8月発売予定のマリィ(『時を超えた恋人』ヒーローの妹)とあの人の『Soul of a Highlander』の邦訳、とっても楽しみ
 
 
 
 

時を超えた恋人

2010/2/メリッサ・メイヒュー/時を超えた恋人 (マグノリア)

婚約者の浮気現場を目撃し、このまま彼と結婚するべきかと悩むケイト

エメラルドグリーンの光とともに現れた、十三世紀のスコットランドの勇者の出で立ちをした男、コナー

ユーモアと妖精の魔法とタイムトラベル!

面白かったッ!楽しいファンタジー本当の悪人にはビックリ最後の救出劇はワクワクドキドキで痛快もう少し引っ張ってもよかったのになぁ…。タイムトラベル物なので、どういう終わり方をするのか興味津々だったけど、ふぅ~んなるほど、そう来たかって感じ次作もとっても楽しみ
 
 
 
 
今月発売・購入・読了
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年03月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。