ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

運命は花嫁をさらう

2012/3/テレサ・マデイラス/運命は花嫁をさらう(二見文庫)

愛する家族のため、老伯爵に嫁ぐ決心をした、貧しい準男爵の娘エマ

婚礼のさなかエマを連れ去ってしまう、伯爵に敵対する氏族長の孫ジェイミー

雄大なハイランド地方を巡る愛の物語

面白かったぁ。一気読みヘェ~、そういう真実ヒーローの悶々具合がイイハイランダー達を逞しく、可愛らしく魅了するヒロインがイイ脇役達も個性的で実にイイ相変わらず会話もやりとりも楽しいしマデイラス最高スピンは無さそうで、とっても残念


余談:
水道管取替工事、やっと終了
水回りの壁も天井も床も
新しいクロスで修復してくれたので
新築並みに綺麗

これを機会に洗面台とトイレを新調
今時の洗面台もトイレも便利でビックリ
キッチンは…
あまりに高価なので換気扇だけ新調

はぁ~、後は家中に散らばったゴチャゴチャを戻す作業が…
スポンサーサイト
Tag : 二見文庫
 
 
 
 

700年後の魔法使い

2010/11/テレサ・マデイラス/700年後の魔法使い (ラズベリーブックス)

億万長者で天才科学者の父と魔法使いの母から受け継いでしまった魔法の力、でも魔法にはろくな思い出がなく恋愛も敬遠するようになっていたタバサ

約700年前のハイランドで甲冑に身を包んだ騎士、コリン

中世に飛んだ魔法嫌いの“魔法使いの娘”の運命は!?

面白かったッ。ヒロインの気まぐれな魔法が楽しいお転婆ぶりもお気楽パラノーマルなんだから、終盤になってから味方が死ななくてもイイのにエピローグは何だかなぁえッこれだけ期待した分、ガックシ前作に比べると若干パワーダウンかももう続きは無いのかしら



前作:
100万ドルの魔法使い(2009/12)
レノックス・エンタープライズ社社長トリスタン&魔法使いアリアン(タバサの父母)
 
 
 
 

夜明けまであなたのもの

2010/5/テレサ・マデイラス/夜明けまであなたのもの(二見文庫)

戦争で失明し、最愛の婚約者にも去られ、田舎で失意の日々を送っていた放蕩伯爵ゲイブリエル

ゲイブリエル付き看護師の募集を見て屋敷を訪れる、サマンサ

ひたむきな愛が胸を打つ感動作 !

面白かったぁ予想通りの展開でも予想を上回る面白さ恋文ってイイなぁメールじゃあ、こうはいかない設定は全く違うけど『27通のラブレター』を思い出した車椅子も無駄にしないで凄い”あとがき”にもあるけれど、サマンサの容姿を描写せずに、ヒーロー観点で、香りとか音で表現してるのが新鮮スピンはないのかなぁ
Tag : 二見文庫
 
 
 
 

わたしを愛した吸血鬼

2010/5/テレサ・マデイラス/わたしを愛した吸血鬼 (イソラ文庫)

姉と結婚した子爵の弟ジュリアンを一途に慕い続けていた、カボット家の末妹ポーシャ

魂を取り戻すための旅から帰国したらしいのだが、家族のもとには戻らず、放蕩に身をやつしているという、吸血鬼のジュリアン

魅惑のヒストリカル・ロマンス

面白かったッお気楽パラノーマル。古き良き時代のヴァンパイア物語って感じかな結末は私的にはちょっと残念。やっぱりソッチに落ち着くわけね、というヴァンパイアの定義に関してはほころびも多々ある(聴覚も臭覚も優れてるのに潜入は無理だろう、内緒話もしてるし、とか)けれど会話やら、やり取りが楽しいのでOKテレサ・マデイラスはお気に入り作家になりました
 
 
 
 

侯爵夫人の密やかな小説

2010/3/テレサ・マデイラス/侯爵夫人の密やかな小説 (ラベンダーブックス)

義兄公爵家の養女となった、作家志望で好奇心旺盛なロッティ

妻と浮気した親友を射殺した男、妻はのちに不審な死を遂げ、以来彼女の亡霊が憑いているという、悪名高い“人殺し侯爵”ヘイデン・セントクレア

眠れる森の公爵』に続くフェアリー姉妹の妹、おてんばロッティの物語

面白かった活発な可愛らしいヒロインでキャンディス・キャンプ風人形がとっても効果的イラストの表紙も◯ 弟(ロッティにとっては兄)のロマンスはないのかなぁ
 
 
 
 

眠れる森の公爵

2010/1/テレサ・マデイラス/眠れる森の公爵 (ラベンダーブックス)

かつて自分を伯爵の伯父に売りわたした母は、親のいない三姉弟の庇護者で、遺産も彼らに与えようとする遺言をしていた、その訃報を知ると同時に怒りを露わにした“デヴォンブルックの悪魔”と呼ばれる公爵のスターリング・ハーロウ

庇護者の遺産を相続するには次の誕生日までに結婚するのが条件、親のいない三姉弟の長女ローラ

19世紀ロンドンの眠れる森のプリンスと嘘つきのプリンセス

面白かった。やっぱりヒロインが魅力的で可愛らしい手紙がイイ母のもローラのも。そして、やっぱり読後感がイイ次作は『冒頭の紹介』がなくても買い!弟はサブロマンスで片付けられちゃうのかしら…

追記:表紙がイラストなのも、まる
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。