ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

聖なる愛を悪魔に

2010/5/ラリッサ・イオーネ/聖なる愛を悪魔に (マグノリアロマンス)

七歳のときに聖なる守りを授けられたおかげで、処女でいるかぎり、なにがあろうと他者から傷つけられることがなくなった、トレジャーハンターのセレーナ

暗殺者に狙われて解毒剤のない毒にさらされてしまい余命一カ月半、ヴァンパイアを母親に持つインキュバスのレイス

〈デモニカ・シリーズ〉第3弾

面白かった。読み出したら一気種族を越えて家族が増えていくのはイイかもカイナン&ジェムも含めて色々話が広がったけど、最後は上手くまとめたなぁ天使ゲテルは黄門様のよう正義の裁きでスカッとする次作はあの人のお話。チラ見せで興味津々堕天使の彼女楽しみ


余談:
とにかく厚い!
用語が難しいのは、わかってるし…
読み出すのにエイヤッっと勇気がいる。
購入して直ぐにデーモン辞典と巻末のおまけ短編は読んじゃったんだけどねェ
スポンサーサイト
 
 
 
 

淡き影と愛の呪い

2010/1/ラリッサ・イオーネ/淡き影と愛の呪い (マグノリア)

胸の奥に潜む欲望のすべてを見抜いてしまうセクシーなインキュバス、未来永劫の苦しみをもたらす愛の呪いをかけられていて、もし誰かを愛してしまったときには、その相手を殺さなくてはならないシェイド

シェイドの裏切りに傷つき、思いがけない事態から、〈人間〉ではない存在へと変えられてしまうルナ

〈デモニカ・シリーズ〉第2弾!

面白かった。相変わらず次から次へと新たなデーモンやらが出て来て、覚えきれずに閉口二十面相とかルパンみたいに、誰かと全く同じに変身するのは好きじゃないなぁ。何だか反則の気がして次作は気になるけど、新刊購入するかは微妙
 
 
 
 

危険なエクスタシーの代償

2009/4/ラリッサ・イオーネ/危険なエクスタシーの代償(マグノリア)

戦いで傷つき、敵の巣窟である病院へと運びこまれてしまうデーモン・スレイヤーのテイラ

その病院の医師で誰をも魅了するセクシーな外見を持つ、女性と交わるために生きるインキュバスのイードロン

〈デモニカ・シリーズ〉開幕!

面白かった。けど、前半は全体感が掴めず、中々読み進まない����後半は一気�i�C�X進まなかったのは体調不良もあったかも。元気じゃないと、ちょっと過激でしんどい���[��原作三の巻末に収録されているという、様々なデーモンについての解説をサッサと載せて欲しいなぁ。やっぱり三作目にしか載せられないんだろか�菑�����V���[�Y��1黒幕も気になるし、兄弟、姉妹も気になる。ので次作も買い�h���O��-003
 
 
 
 
今月発売・購入・読了
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。