ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

光と闇のはざまで

2011/6/クレスリー・コール/光と闇のはざまで(ソフトバンク文庫)

九百年前、悪の魔道師オモートによって国を奪われた、ロスカリナ王国の君主
ライドストロム

オモートの異父きょうだいで運命の女、魔道師のサビーネ

善のヒーローと悪のヒロインが織り成すノンストップ・ラブロマンス。
2010年度RITA賞受賞作!

面白かったッ。嘘がつけない真面目ヒーローと嘘ばっかりの”幻影の女王”ヒロイン二人の寸止め合戦いつもよりは登場人物が少なめで、話もいつもよりは単純に感じたスポーツカーとか出て来るのに、何だかとってもヒストリカル動物語を話すのはやっぱり楽しい妹の”説伏”の力は凄いなぁ前作の魔法の剣も役に立ったしヴァンパイアのロテールまで先が長い次作もとっても楽しみ


備考:
シリーズとH/Hは以下へ
スポンサーサイト
 
 
 
 

菫色の空へ

2010/12/クレスリー・コール/菫色の空へ (ソフトバンク文庫)

自分のせいで兄の王国が魔道士の手に渡ってしまったことを悔いながら九百年、
ついに見つかった手段は"選ばれし器"を別の魔道士に差出す事だった、デーモンの傭兵カデオン

カデオンの運命の女である、無垢で几帳面な数学者、"選ばれし器"ホリー

最後は裏切ることになると知りながら、ふたりの旅に未来はあるのか…、
二度のRITA賞に輝く、最強パラノーマル・シリーズ第5弾

面白かったッ。切なくて、涙、涙の物語かと思ったら、二人三脚冒険物語ヒーローは葛藤してるのになぁ…何だかカラッとしてるけど、不思議に納得出来る最初からメロメロで、全てをありのままに受け入れてくれるヒーローがイイ強くて、賢くて、可愛らしいヒロインがイイ短い間隔で邦訳してくれたのに、サッサと読み始められず残念次作も直ぐに邦訳されますように



備考:
ローア・シリーズ1~は若干ネタバレなので
追記へ
 
 
 
 

幻の花嫁

2010/10/クレスリー・コール/幻の花嫁 (ソフトバンク文庫)

屋敷のお披露目パーティで、元婚約者に殺害され、以来八十年、幽霊として同じ屋敷に暮らしていたバレリーナのネオミ

"堕ちた"ヴァンパイアのしるし、赤い目をしたコンラッド

狂おしくも切ない恋を描いたRITA賞受賞シリーズ第4弾

面白かったぁ。ヒーロー頑張ったあんまりヴァンパイアらしくなかったかもヒロインも幽霊らしくなく前向きで可愛らしい前回の「金の髪飾り」と今回の「宝石の付いた櫛」は同じかなぁ結局は焼失してしまったのか気になる、気になるそれにしてもファントムって読み出すと面白いけど、読み始めるのに
”えいやッ”と気合いがいるもう少し短い間隔で邦訳してくれると嬉しいなぁ


備考:
ローア・シリーズ1~
0Playing Easy to Get(アンソロジー) セバスチャン長兄でヴァンパイアのニコライ&ヴァルキリーのミスト
1満月の夜に ライキー(人狼)の王ラクレイン&ヴァルキリー(戦乙女)とヴァンパイアのハーフのエマ
2時の扉を開いて ヴァンパイアのセバスチャン・ロス&ヴァルキリーのケイドリン
3鏡のなかの魔女 ライキーのボウエン・マクリーヴ&魔女マリキータ
4幻の花嫁 セバスチャン弟でヴァンパイアのコンラッド&幽霊ネオミ
5Dark Desires After Dusk デーモンのカデオン・ウォード&人間ホリー
6Kiss of a Demon King カデオン兄で激情のデーモン王ライドストロム&サビーヌ
7Deep Kiss of Winter(アンソロジー) セバスチャン次兄でヴァンパイアのマードック&ダニエラ
8Pleasure of a Dark Prince ライキーのガレス・マクリーヴ&ルチア
 
 
 
 

鏡のなかの魔女

2010/2/クレスリー・コール/鏡のなかの魔女 (ソフトバンク)

180年前に「伴侶」を亡くし、絶望の淵をさまようライキーのボウエン

強大な力をもち、将来を担うと予言される若き魔女マリキータ

官能とサスペンスに満ちたRITA賞受賞シリーズ第3弾

面白かったぁ。実に上手く伏線を施して、ヒントをバラまいて、最後にまとめている金の髪飾りは結局どうなったんだ読み落としたかなぁそれとも今後の伏線やっぱり何でもOKの魔法はちょっとなぁ失言さえも魔法のせいかと思えて、切なさが半減してしまう。次作はヴァンパイアで楽しみ
 
 
 
 

時の扉を開いて

2009/10/クレスリー・コール/時の扉を開いて (ソフトバンク)

変化(へんげ)した兄によってヴァンパイアにされた、運命を呪い、みずから死を願うセバスチャン

妹を殺されたことですべての感情を失い、ヴァンパイア殺しを生きがいとするヴァルキリーの“凍てついた心のケイドリン”

宿敵同士のふたりが出会ったとき、ふたたび時が動きだす……RITA賞受賞作『満月の夜に』に続く、大好評シリーズ第2弾

面白かったぁ!不死の生き物達がゾロゾロ出て来て、ハリー・ポッターの第何巻だったかの魔法学校対抗試合みたいに、宝探しの為に世界中アチコチに行って、色々な事が起きる������qでも散漫にならずに上手くまとまっている。優勝商品の使用可能回数が「二回」というのがミソだったなぁ�A�b�v���[�h�t�@�C��ヒーローが可愛くてイイ�˂�次作もとっても楽しみ!�n�[�g
 
 
 
 
今月発売・購入・読了
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。