ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

甘い蜜に溺れて

2010/6/トレイシー・アン・ウォレン/甘い蜜に溺れて (二見文庫)

父の仇を討つため、宿敵の伯父ペンドラゴン邸に忍びこむ、大胆で型破りなガブリエラ

そんなガブリエラを捕らえ父親の死の真相を説明する、社交界きっての独身主義者ワイバーン公爵

ふたりが真実の愛で結ばれる日は…?”ミストレス”シリーズ完結篇!

面白かったッ。終盤のヒーローの求愛行動(贈り物やらデートやら)がチープだけどイイ痛恨の"口は災いの元”でもヒーロー頑張ったヒロインは17才だからなぁにしては大人かも母親はやっぱり酷かった同じく三人のヒーローの
『背徳の貴公子シリーズ』と続けて読んだので若干混乱読む順は考えないと



備考:
シリーズとH/Hは追記へ
スポンサーサイト
Tag : 二見文庫
 
 
 
 

月明りのくちづけ

2009/12/トレイシー・アン・ウォレン/月明りのくちづけ (二見文庫)

意に染まない結婚を迫られ、自殺を偽装し、冷酷な継父から逃れロンドンでひっそりと暮らそうとしていたリリー

旅の途中、リリーが柄の悪い男に絡まれていたところを助け、ひと目で惹かれあい、かりそめの熱いひとときを過ごすイーサンことヴェッセイ侯爵

昼下がりの密会』 に続く”ミストレス”シリーズ第二弾!

面白かった。お気楽ヒストリカル悪いヤツはあくまで悪くて解り易い。追いかけるヒーローいいなぁ。グズグズかげんも、お約束といった感じで母親の仕掛けた罠から脱出するヒーローのエネルギーは天晴れ次作ヒーローの母親も曰くありげで、むむむむ~

余談:
下書きに保存したままUPするの忘れてた
Tag : 二見文庫
 
 
 
 

昼下がりの密会

2009/4/トレイシー・アン・ウォレン/昼下がりの密会 (二見文庫)

年若い妹弟に幸せを託し、平凡ながらも心穏やかな日々を送る未亡人ジュリアナ

復讐にすべてを賭ける男、若くたくましい悪名高き資本家ペンドラゴン

つかのまの愛人契約の先にふたりが見たものとは――?待望の新シリーズ

面白かったぁ����昼は淑女で夜は娼婦のよう、というロマンス部分も良かったけど�˂�何てったって勧善懲悪で読後感、爽快jumee��yippee3Ljumee��yippee3Rでも、もう秋なんですけど…、次作はまだかなぁ�͗t
 
 
 
 
今月発売・購入・読了
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。