ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

夏の雨のめぐりあい

2012/9/メアリ ・バログ/夏の雨のめぐりあい (ヴィレッジブックス)

困窮した我が家を救うため、裕福な伯母のもとで奉公することになった薄幸の美女ジュディス

偶然出会った魅力的な貴族ラナルフ・ベドウィン

ラナルフが祖母の勧めで結婚しようとしている相手はジュディスの従妹で…

面白かったぁ。やっぱ勧善懲悪スカッとするわぁウルフ兄ちゃん凄いなぁレディ・フライヤとも、やり合える気丈なヒロインそんなヒロインが気になってしょうがないヒーローがイイ仲良しおばあちゃん同士がキューピッドね次作フライヤとっても楽しみ


備考:
シリーズとH/Hは追記へ
スポンサーサイト
 
 
 
 

再び相関図

シンプリー・カルテット&ベドウィン家シリーズの
相関図を更新しました。
(下記の図をクリックすると大きくなります)

ベドウィン家の相関図

hpロマンスBOXのメアリ ・バログ にもupしました
以前より省略して簡素にしました
解り易くなったかなぁ
(間違いを見つけたら、コソッと教えていただけると嬉しいです
Tag : 相関図
 
 
 
 

ただ魅せられて

2012/1/メアリ ・バログ/ただ魅せられて (ヴィレッジブックス)

英国の保養地バースで女学校を経営する、貴族嫌いのクローディア

クローディアの親友からの手紙を携え、ロンドンまでエスコートを申し出る
アッティングズバラ侯爵ジョゼフ

ジョゼフには父親が強く推す花嫁候補が存在していたが…

面白かったぁ。色々盛りだくさん登場人物相関図(近日掲載予定)を補足しながら読了なるほど、助けた子犬が盲導犬代わりになるんだぁベドウィン家シリーズは遅ればせながらも、これから邦訳してくれる事を期待まずはリリーの話から


備考:
シリーズとH/Hは追記へ
 
 
 
 

婚礼は別れのために

2011/4/メアリ ・バログ/婚礼は別れのために (ヴィレッジブックス)

戦死した部下との最後の約束(妹を守ること)を名誉にかけて果たす、英国貴族
エイダン・ベドウィン大佐

亡くなった父親から荘園を相続し、不幸な境遇にあった人々を雇って暮らしていた部下の妹イヴ

荘園が人手に渡らないために偽装結婚の必要が生じて…

面白かったぁ。”強きをくじき弱きを助ける”元気いっぱいのヒロイン長男ウルフに負けず劣らず、無口で尊大で心優しいヒーロー気分爽快な場面がいくつもある黒いドレスとか勧善懲悪で「コレが目に入らぬかぁ」といった感じとか忘れえぬ夏を捧げて』の時とベドウィン兄妹の印象が違ってビックリ次作も早々に邦訳されますように

追記:
ヒロイン兄はヒーローの命を救った事があるから、
思い切ってお願いをしたのかもしれない
でもヒーローは部下だから、死に行く者の最後の願いだから、話を聞いて
約束したから、頑張って実行したんだと思う
けっして命の恩人だからじゃないと思うけどなぁ

備考:
シリーズとH/Hは追記へ
 
 
 
 

忘れえぬ夏を捧げて

2010/2/メアリ ・バログ/忘れえぬ夏を捧げて (ヴィレッジブックス)

父親が決めた婚約者との結婚を避けるため、自分で相手を探すことにした、ロンドンの社交界で放蕩者として知られる子爵キット

かつて婚約のことで苦い経験をし、一生独身を貫く決意でいた26歳の貴婦人、ローレン

ヒストリカル・ロマンスの名手が詩情豊かに綴る愛の秀作

面白かったぁ。助言に従って相関図を作ろうとしたけど追記に作りました、入り乱れていて、む、難しいロマンスは切なくてステキだった終盤のリリーの台詞「そうでしょうとも…」が妙にツボぜひリリーの話も邦訳して欲しい未邦訳のモノが順番にチャッチャと刊行されますように


備考:
私的アバウト評価
忘れえぬ夏を捧げて=◎
 レイヴンズバーグ子爵キット&ローレン
One Night for Love
 キルボーン伯爵ネヴィル・ワイアット(ローレンの元婚約者で血縁のない従兄)
 &リリー(ポートフレイ公爵リンドンの娘)

シンプリー・シリーズ1~4
1ただ忘れられなくて=◯
 教師フランシス&貴族ルシアス
2ただ愛しくて=はな◯
 教師アン&荘園の管理人シドナム(キットの弟)
3ただ会いたくて=はな◎
 教師スザンナ&ウィットリーフ子爵ピーター(ローレンのいとこ)
4Simply Perfect
 校長クラウディア・マーチン&アッティングズバラ侯爵ジョゼフ・フォーセット(ローレンのいとこ)

スライトリー(ベドウィン家)シリーズ1~6
1Slightly Married
 次男エイダン&イヴ
2Slightly Wicked
 三男ラナルフ&ジュディス
3Slightly Scandalous
 長女フライヤ& ジョシュア
4Slightly Tempted
 末娘モーガン&ジャーヴェス
5Slightly Sinful
 四男外交官アレイン&レイチェル
6Slightly Dangerous
 長男ビューカッスル公爵ウルフリック・ベドウィン&クリスティーン


追記:
私的アバウト相関図
 
 
 
 

ただ会いたくて

2009/9/メアリ ・バログ/ただ会いたくて (ヴィレッジブックス)

端整な容貌、軽薄そうに思えたが実は誠実な人間、スザンナを見たとき"めぐりあえた"と思ったウィットリーフ子爵ピーター

女学校の教師で小柄な美女、ピーターと絶対に結婚できない理由があるスザンナ

ヒストリカル・ロマンスの秀作!

面白かった。私としては今のところシリーズの中で一番かなぁ�G���������͂��Ă�������軟弱、八方美人ヒーロー好きかも。まぁ、内に秘めたモノがないとヤダけど��他のシリーズの登場人物が出ているようなのに、まだ翻訳されてなくて面白がれなかったのが残念!“There she is."“めぐりあえた"日本語っていいなぁ、と思えた���ƂƁ|�͗t
 
 
 
 
今月発売・購入・読了
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年03月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。