ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

虹色のランプの伝説

2013/10/アマンダ・クイック/虹色のランプの伝説(ヴィレッジ)

不思議なパワーを秘めたランプを偶然手に入れた、娼館を撲滅することに専心する女性アデレイド

みずからが持つ超能力のせいで直面した危機から逃れるためにランプの力を必要としていた、ロンドンの暗黒街の大物グリフィン

二人は互いに協力しあうことを約束し、同時に相手に強く惹かれていくが…

面白かったッ。モロ『禁じられた秘薬を求めて』の続きケイレブ&ルシンダが結婚した直後たまたま続けて読んだからラッキーあんまりヒストリカルっぽくはナイかなぁヒロインがアメリカ帰りだからかしら未来モノもヴィレッジから刊行されるとか間を置かずに邦訳して欲しい次作も楽しみ


備考:
シリーズとH/Hは追記へ
スポンサーサイト
 
 
 
 

禁じられた秘薬を求めて

2013/2/アマンダ・クイック/禁じられた秘薬を求めて(ヴィレッジ)

毒物を感知できる特殊能力を持つ女性ルシンダ

ある殺人事件に使われた毒薬の成分に、国ではルシンダしか所有していないはずのきわめて珍しいシダが含まれていることを知り、調査を依頼されたケイレブ・ジョーンズ

初対面のときから二人は互いに惹かれ合い…

面白かったぁ。なぁるほど、それでジョーンズ&ジョーンズねッ切り花の解釈は興味深い”ふうん”手帳の謎解きに驚嘆、なぁるほどアチコチの点が繋がって謎を解明するヒーローの能力は爽快”超能力を分類する表作り”にも励んで欲しいなぁ10月にも次作邦訳されるしもうすぐ二見の現代モノに追いつきそうで嬉しい


備考:
シリーズとH/Hは追記へ
 
 
 
 

告白はスイートピーの前で

2012/4/アマンダ・クイック/告白はスイートピーの前で(ヴィレッジ)

叔母から友人殺しの犯人探しを頼まれた、貴族の婚外子である化学者バクスター

女性客の依頼を受けて求婚者の素行調査をしているシャーロット

シャーロットの客が殺され、社交界に潜入して操作する為に婚約者同士を装うが…

面白かったぁ。堅物ヒーローが悶えるのがイイ義弟が段々可愛くなって行くのがイイH/Hのチグハグな会話が愉快クイックらしくて一気に読ませる単発もいいけど、アーケイン・ソサエティ・シリーズのヒストリカル邦訳、ヴィレッジさんには頑張って欲しいなぁ
 
 
 
 

オーロラ・ストーンに誘われて

2011/7/アマンダ・クイック/オーロラ・ストーンに誘われて(ヴィレッジ)

超能力を研究する組織アーケイン・ソサエティの勇敢な調査員サディアス

水晶を使って心霊治療をおこなう美貌の女性リオーナ

不思議なパワーを秘めた水晶オーロラ・ストーンを探し求めるうちに偶然めぐりあった二人は…

面白かったぁ。何で複雑なのに解り易いのか、不第一作と同じくヒストリカルっぽくなく、とってもクレンツロマンスもいまいち控えめかもでも楽しめる二見の現代モノが先行してるので、頑張って追いついて欲しいなぁ次作のケイレブとっても楽しみ


追記:
HPロマンスBOXへ相関図の更新しました。
webへのupの仕方を忘れて手間取った
おまけに合ってるかどうか不安だし
間違いを見つけたら、コソッと指摘していただけると嬉しいです


備考:
シリーズとH/Hは追記へ
 
 
 
 

香り舞う島に呼ばれて

2011/3/アマンダ・クイック/香り舞う島に呼ばれて (ヴィレッジブックス)

亡くなった父親から英国沖の豊潤な島を相続した、23歳の独身女性クレア

クレアの後見人をつとめるサーストン男爵の息子、非嫡出子であるがゆえ領地を相続できない勇猛な騎士ガレス

ベストセラー作家が中世を舞台に流麗に描く傑作ヒストリカル・ロマンス

面白かったッ。H/Hのロマンス度は若干低めかもでも補って余りある楽しさ相変わらず脇役のキャラクターも掘り下げられていて、やり取りが愉快”鶏の血”の件も笑っちゃうしアレルギーも他人事(悪人)だと笑えるし殺人事件やら事件解決がサラッとしてオゾマシくないんだよねぇスピンはなさそうかなぁ、残念
 
 
 
 

レディ・スターライト

2010/4/アマンダ・クイック/レディ・スターライト (ヴィレッジブックス)

叔母が何者かにゆすられていることを知り、マーカスの愛人になりすまして調査を開始する27歳の女性イフィジナイア

ロンドン社交界で名を馳せたマスターズ伯爵マーカス

人気絶頂の名匠アマンダ・クイックが放つ華麗なるヒストリカル・ロマンス!

面白かったぁ。さすがにアマンダ・クイック、捕まえて放さない一気読み
H/Hのやり取りが楽しくて好き脇役達までもイキイキとしていて、作品にのめり込める殺人事件がサラッとしてオゾマシくないのも好きスピンないようでとっても残念

余談:
”おもな登場人物”の説明があきらかに間違っているのは、いただけない
邦題もカタカナじゃない方がイイと思うがなぁ
 
 
 
 
今月発売・購入・読了
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。