ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

まだ見ぬ公爵からの求婚

2009/10/エリザベス・ボイル/まだ見ぬ公爵からの求婚(オーロラ)

放浪中の孫のふりをした老ホリンドレイク公爵と文通していた、跡つぎのスタンドン卿との結婚を切望する、男爵令嬢フェリシティ

爵位を継ぐために12年ぶりに戻ったスタンドン、第10代ホリンドレイク公爵

男爵令嬢と公爵と従僕の魅惑の三角関係!?ときめきのヒストリカルロマンス

すっごく面白かった。ヒロインは前作の印象とまるで違った�т����とっても可愛い!ヒーローは徐々にメロメロでタジタジでオタオタしてイイ!でもテンプルはいつの間にか結婚してるしjumee��aまだヒロインの父親の事とか謎のままで…。あとがきで次作に触れてないのが不安��原作がまだなのかしらん�͂Ă�少なくともピピンを中途半端で終わらせないで欲しいなぁ�ʃR�[�q�[
スポンサーサイト
 
 
 
 

過ちのキスは謎の香り

エリザベス・ボイル
2009/4/オーロラブックス
9年前、たった一度の人違いのキスによりすべてを失った、名前を変えて寄宿制女学校の教師として、やっと平穏な人生を歩んでいたミランダ

放蕩で有名な公爵家三男ジャック

運命の再会、痛快で情熱的なリージェンシーロマンス

面白かった。元気なヒロインがイイ�撣�邼�B���[��B3人娘もそれぞれ個性的で良かった�A�b�v���[�h�t�@�C��ノリスが無罪放免って、私は何かを見逃したのかなぁjumee��a3人娘達のスピンとっても楽しみ�n�[�g
 
 
 
 

理想の妻のたくらみは

エリザベス・ボイル
2008/12/オーロラブックス
架空の妻を作りあげ、おかげで気ままな独身生活を送っていた男爵アレックスと突然姿を現した実在しないはずのブロンドのすこぶるつきの美女妻エマリンの華やかであざやかな、衝撃のリージェンシーロマンス

面白かった。テンポよく軽快で、小気味よい話の流れ!最後は、あらまぁエースを引いて来た、って感じ�A�b�v���[�h�t�@�C��読後感がスッキリとイイ、�G���������͂��Ă�������早々に続編を探して読みたい!
 
 
 
 
今月発売・購入・読了
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年03月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。