ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

大嫌いなあなたと恋のワルツを

2014/6/ジュリア・クイン/大嫌いなあなたと恋のワルツを (ラズベリー)

数年前、サラの従兄に決闘を持ちかけたせいで騒動となった、侯爵家の次男ヒュー

デビューが1年遅れたりして、ヒューを大嫌いな、伯爵家の長女サラ

従兄の結婚式に先立つハウスパーティで再会し、式までの数日を共に過ごさなくてはならなくなったが…

面白かったぁ。一気読みヒーローは期待通り”暗く”て嬉しい悶々と切なくてイイ姉妹のやり取りは相変わらず愉快結局、二つの結婚式の詳細は無しで、ちょっと淋しいかも次作ヒーローは登場してないよね本国刊行もまだだから、邦訳は来年かしら


備考:
シリーズとH/Hは追記へ
スポンサーサイト
 
 
 
 

運命のキスは柔らかな雨のように

2014/1/ジュリア・クイン/運命のキスは柔らかな雨のように (ラズベリー)

とある事情から故郷を去り、いまは家庭教師としてひそやかに暮らしているアン

3年ぶりイギリスに戻った、スマイス‐スミス家の長男ウィンステッド伯爵ダニエル

アンにひと目惚れしたダニエルは、早速従妹たちへの訪問を口実にアンを訪ね…

面白かったぁ。姉妹のやり取りが賑やかで楽しいロマンスは…普通、かなヒーローが一目惚れでブレないので切なさには欠けたかも色々事情があるし、身分違いなんで、ジレジレに期待したんだけどなぁ次作ヒーローは暗そうで期待大


備考:
シリーズとH/Hは追記へ
 
 
 
 

幸せのその後で

2013/8/ジュリア・クイン/幸せのその後で (ラズベリーブックス)

1サイモンが父親からの手紙を読みたいと思うきっかけ
2毎年春の恒例ペル・メル(クロッケー)の試合
3義理の姉妹ポージーのロマンス
4エロイーズがレディ・ホイッスルダウンの正体を知る日
5娘アマンダのロマンス(一人称)
6フランチェスカは子供を授かれるのか
7ヒヤシンスが家宝のダイヤモンドを見つける経緯
8子供達9人の名前について
9母ヴァイオレットの幸せ

面白かったぁ。既刊を未読の(又は忘れてしまった)人の為に”あとがき”に各作の概要あり”ペル・メル”の仁義無き戦いが愉快レディ・ホイッスルダウンを廻る兄弟姉妹の攻防も楽しいヴァイオレットの話は長編にして欲しかったなぁ短過ぎて、とっても残念


備考:
シリーズとH/Hは以下へ
 
 
 
 

野に咲く乙女に口づけを

2012/11/ジュリア・クイン/野に咲く乙女に口づけを(ラズベリーブックス)

遠い親戚が亡くなり、男爵位と領地を相続することになったダンフォード

前領主である親戚夫婦に引き取られ、今では領地を管理しているヘンリエッタ

相続に関する書類により、ダンフォードはヘンリーの後見人となるが…

面白かったぁ。格段に上手くなってるぅ(何て上から目線)お約束の擦れ違いに悶々とするヒーローがイイシンデレラ的なヒロインも純粋で可愛らしい”スマイス・スミス家の音楽会”開催にビックリへぇ〜、こんな以前からリンクしてるんだぁやっぱジュリア・クイン凄いわぁアンソロジーも載せて欲しかったなぁ


参考:
1816年スマイス・スミス家の弦楽四重奏は
フィリッパ、メアリー、シャーロット、エレノア
フィリッパは『はじめての恋をあなたに奏でて』では身重のフィリッパだし…
でもシャーロットはサラの母親にしては若過ぎるなぁ

備考:
シリーズとH/Hは追記へ
 
 
 
 

はじめての恋をあなたに奏でて

2013/2/ジュリア・クイン/はじめての恋をあなたに奏でて (ラズベリーブックス)

そろそろ結婚したいと思っている伯爵家の令嬢ホノーリア・スマイス・スミス

ホノーリアの兄からひそかにお目付け役を頼まれている、幼なじみの伯爵マーカス

“ブリジャートン”シリーズでおなじみのスマイス・スミス家を描く新シリーズ

面白かったぁ。やっぱ初期作品(すみれの瞳に公爵のキスを求婚のワルツは真夜中に野に咲く乙女に口づけを)と比べると上手いわぁ楽しんで描いてる感じちょっとした事件も会話もプロローグがイイヒーローをいっぺんに好きになっちゃうヒロインの可愛らしさも伝わるこれから、どうなるんだろうってワクワクしながら読み進められるあの音楽会って演奏する側からだと、こうなるかぁ、ってナンカ感心した”エクレアを取りに向かう婦人”は、たぶん”ぺ◯◯◯”でも確信持てなくて、もどかしい次作もとっても楽しみ


備考:
シリーズとH/Hは追記へ
 
 
 
 

求婚のワルツは真夜中に

2012/8/ジュリア・クイン/求婚のワルツは真夜中に(ラズベリーブックス)

趣味の読書を許可しようとすらしない男性ばかりに求婚され、うんざりしていた伯爵令嬢ベル

戦争中の出来事への罪悪感からベルと距離をおこうとする、ブラックウッド男爵ジョン

恋を知らなかった伯爵令嬢と心に傷を持つ男爵、ふたりの恋の行方は…

面白かったッ。なんで直ぐに読まなかったのかなぁ二人はもちろん、友人とのやり取りが楽しい特にアレックスの大おばが痛快悪党は…まぁ、なんだけど初期作品なのに、とってもジュリア・クイン次作ダンフォードすっごく楽しみ至急、古本購入しよぉっと


備考:
シリーズとH/Hは追記へ
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。