ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

あなたに出逢うまで

2012/11/ジュディス・マクノート/あなたに出逢うまで(二見文庫)

事故で記憶を失った付き添い婦のシェリダン

シェリダンを令嬢と誤解したラングフォード伯爵スティーブン

ふたりの愛は、誤解と嘘から始まる…

面白かったぁ。紆余曲折がしんどくて積読怯えてたほど二転三転しなかった読了してみれば、わりと普通の記憶喪失ヒストリカル付き添い老婦人が秀逸ハンサムなスペイン人はもう一絡みするかと思ったら、アッサリ終わって残念もしも願いがかなうなら』のニッキーはあの子と結ばれるのかぁへぇ〜〜って感じこれでヒストリカルの未邦訳は無しまた書いて欲しいなぁ


備考:
マクノート著作リストとH/Hは以下へ
スポンサーサイト
Tag : 二見文庫
 
 
 
 

もしも願いがかなうなら

2011/11/ジュディス・マクノート/もしも願いがかなうなら(MIRA文庫)

『綴られし乙女の祈り』
才気煥発な準男爵の娘ジュリアナ

フランス貴族ニッキー

1826年、英国、ジュリアナの強欲な母親に強いられ愛のない結婚をすることに…

面白かったぁ。『とまどう緑のまなざし(上)(下)』のスピン殆ど忘れてるけど問題無し短いのに泣ける「恋しい」は三つ重なると切ないなぁUntil You』も早急に邦訳して欲しい

『君とめぐり逢うまで』
写真家コーリー

コーリーのかつての憧れの人スペンス

現代、アメリカ、撮影現場で再会して2人の距離は縮まったかに見えたが…

面白かったぁ。『君といたあの頃に(上)(下)』のスピン上・下の間ぐらいの感じかなぁヒーローの動揺がキュンっと伝わって来て良かったぁどちらの短編もさすがにマクノート、どちらも祖母がイイ


備考:
マクノート著作リストとH/Hは以下へ
Tag : MIRA文庫
 
 
 
 

その瞳が輝くとき

2011/10/ジュディス・マクノート/その瞳が輝くとき (二見文庫)

“なにかすてきなこと”がいつか必ずおきると信じている純朴な少女アレックス

やむを得ぬ事情からアレックスと結婚する、社交界屈指の放蕩者ホーソーン公爵

風変わりな出逢い、結婚。だが、幸せを噛みしめる間もなく悲劇が訪れ…?

面白かったぁ。ヒロインがめっちゃイイ純真無垢で賢くて思いやりに溢れていてヒーロー祖母の心を溶かす様は見事、泣ける雲の形、花の色に戸惑うヒーローがイイ中々素直になれなくてイジイジと可愛い黒幕が解るまでは最高傑作だったんだけど…う~ん、ちょびっと残念そこまで捻りを利かせてくれなくても、いいのに紆余曲折は充分あったんだから次の邦訳が待ち遠しい


余談:
若干の校正ミスが水を差す

備考:
マクノート著作リストとH/Hは以下へ
Tag : 二見文庫
 
 
 
 

夜は何をささやく

2001/4/ジュディス・マクノート/夜は何をささやく (新潮文庫)

絶縁状態にある実父から突然父の屋敷に招待された、フロリダの女性警官スローン

父の屋敷の隣人、青年実業家ノア

父親が犯罪に関係しているという謎の男ポールに請われ、真相を探るため同行して父の屋敷を訪れたが……

面白かったぁ。サンドラ・ブラウンのサスペンスみたい被害者にはH/Hの幸せな姿を見せてあげたかったなぁ、残念ヒロインは小柄なのに逞しくてカッコイイヒーロー金持ちなのは解ったけど、それ以外いまいち謎のままのような気が相変わらず家族や職場でのやり取りが愉快で楽しい次作邦訳、待ち遠しい


余談:
巻末の「マクノート著作リスト」が良かったぁ
常に付けてくれればイイのに

備考:
マクノート著作リストとH/Hは以下へ
Tag : 新潮文庫
 
 
 
 

君といたあの頃に

2010/9/ジュディス・マクノート/君といたあの頃に 上 (MIRA文庫)
2010/9/ジュディス・マクノート/君といたあの頃に 下 (MIRA文庫)

何不自由ない暮らしと愛情に恵まれて育った、ヒューストンの名家の令嬢ダイアナ

ダイアナ友人宅の厩舎で働く陰のある大学生、15年後には国際的企業のCEOとして名を馳せる、コール

15年ぶりに再会、屈辱的な婚約破棄によって打ちのめされたダイアナを思いも寄らない方法で醜聞から守ってくれたコールだったが…

面白かったッ。マクノートのコンテンポラリーにも、こんなアッサリした話があったんだぁ、とビックリロマンス度は高くないかもぬいぐるみの猫の再登場もなく、ちょっとガックシでも家族や市井の人々とのやり取りが愉快で楽しい終盤の裁判の行方もスカッと爽快訳者同様ヒロイン妹のスピンオフに期待


余談:
「インターコープのマット・ファレル」の表記にドキッ
パラダイスを君に 上』『パラダイスを君に 下』のマットだよね
Tag : MIRA文庫
 
 
 
 

哀しみの果てにあなたと

2011/1/ジュディス・マクノート/哀しみの果てにあなたと (二見文庫)

事故で両親を突然亡くし、初恋の幼なじみに想いを残しつつ、やむなく米国から母方の英国貴族の親戚に引き取られることになった、ヴィクトリア

その親戚の公爵の甥ジェイソン

公爵の企みによって婚約発表され…心すれ違うふたりから目が離せない感動の名作

面白かったぁ。表紙と違って若くて可愛らしいヒロイン乳搾りは愉快でホントに可愛らしい女運の悪い手負いのヒーローもイイ部屋をしらないヒロインに落ち込むのも可愛いし村人総出の結婚祝いがイイおばあ様がイイ相変わらず上手いこと誤解するけど、マクノートにしては波瀾万丈具合が少なめかも終盤、元彼があっさり退いて拍子抜けヒョウの置物を撫でるヒーローに泣ける


備考:
”あとがき”より次作邦訳予定
Something Wonderful ホーソーン公爵ジョーダン・タウンゼント
&『あなたの心につづく道』ヒロインの友人アレクサンドラ・ローレンス
Tag : 二見文庫
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。