ろまんすの箱

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

真夜中の愛でつらぬいて

2011/2/エマ・ホリー/真夜中の愛でつらぬいて (ラズベリーブックス)

エドマンド誘拐の責任を感じ、運命を変えるある重大な決断をした長男グレアム

アメリカに戻りウピルに襲われた、グレアムの元雇い主の娘であるペネロペ

20世紀初頭を舞台にしたスーパーホットなヴァンパイア・ロマンス、ついに完結

面白かったッ。相変わらず無駄にホットだけど色々裏技が出てきて、益々お気楽パラノーマルやっぱり野良猫に変身は間抜けで可笑しい人間に戻っちゃうっていうのは何だかなぁ戻れない、っていうところがミソだと思うけど魅力的な脇役がチラホラいるけど続編はデュランがヒーローらしい最新の二冊は、何とか邦訳して欲しいなぁ


余談:
週末から読み始めたけど、
結局、週明けに最初から読み直す事に
主婦にとっては連休恐るべし


備考:
シリーズとH/Hは追記へ
スポンサーサイト
 
 
 
 

真夜中の運命に抱かれて

2011/1/エマ・ホリー/真夜中の運命に抱かれて (ラズベリーブックス)

暗い罠にかかり、地下牢に閉じ込められ、鉄の台に縛りつけられた、エドマンド

誘拐されたエドマンドと夢の中だけでつながる、エステル

ますます盛り上がるスーパーホットなヴァンパイア・ヒストリカル・ロマンス!

面白かったッ。やっぱり設定が容易で解り易いかなり都合良く安易なお気楽パラノーマルちょっとだけヴァンパイア、とか可笑し過ぎる今作でペネロペという名のイメージ”物静かで、おとなしい”が崩れたまぁ、私の勝手な思い込みだけどエドマンドの実子も出ばってるし、謎の傭兵も接近して、次作もとっても楽しみ



備考:
シリーズとH/Hは追記へ
 
 
 
 

真夜中にかわす口づけ

2010/12/エマ・ホリー/真夜中にかわす口づけ (ラズベリーブックス)

2千年以上生きてきたヴァンパイアで、若々しく容姿端麗な大学教授のエドマンド

両親の死後、彼の養子であるグレアム、ベン、サリーとともに家族同様に暮らしているエステル

20世紀初頭のロンドンを舞台にしたスーパーホットなヴァンパイア・ロマンス

面白かった。基本のH/Hは変わらない3部作悪い奴との戦いはあるけど、お気楽パラノーマルでも、やっぱりエロマンス満載過ぎホットシーンは長く執拗で読み飛ばしたいけどパラノーマルだし、重要な伏線があるかも、と流せないのが辛い中断しても問題ないので年末に読むには適していたかも話しは解り易く、とんでもない場面で終わっているので、次作も買い3ヶ月連続はチョー嬉しい


備考:
エドマンド・フィッツクレア・トリロジー1~3(ミッドナイト・シリーズ)
1真夜中にかわす口づけ
2真夜中の運命に抱かれて 2011/1発売
3Saving Midnight 2011/2発売予定


余談:
アマゾンの内容紹介で「エドマンドや彼の妻子であるサリー~」となっているけど「養子」の間違い
コピペじゃないのかなぁ、不思議な間違い、でも、とんでもない違い

菫色の空へ』クレスリー・コールは評判イイので、年初めのお楽しみに取っておく事にしました
年末雑事サボリながら、もう一冊ぐらい読めるかなぁ
 
 
 
 
今月発売・購入・読了
 
 
 
 
プロフィール
HPリンク
 
 
 
 
 
 
 
 
勝手にリンク(順不同)
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年02月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


 
 
 
 
面白い(^o^)v
 
 
 
 
最近のコメント
データ取得中...
 
 
 
 
伝言板

 
 
 
 
 
 
タグリスト
 
 
 
 
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
古本で購入しました
みんなの本棚=サービス一時停止
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。